メールヘッダの謎に迫る

あれ・・・メールが・・・遅れて・・・届いて・・・来るよ。
メールヘッダにヒントが!という神の声を聞いたので調べてみました。
といっても暗号だらけで一瞬で拒絶反応が!
ここは一つ落ち着いてよーく見てみる。読めそうな単語をググってみる。

Recieved: という項目がやたらいっぱいあって怪しいと思ったのですが、これはメールの配達経路を示すものだそうで、こんなかんじなのかな?以下妄想です。

  1. 差出人がポストに投函
  2. 郵便屋さんが集配
  3. 郵便局で仕分け
  4. 該当地域の大きい郵便局に届く
  5. 該当地域の大きい郵便局から最寄りの郵便局に届く
  6. 郵便屋さんがうちまで配達

Recieved: を辿っていくと途中で時刻がずれている部分を発見。事件はここで起こっているんだー!

結局何が起こっているのかまではわかりませんでしたが、メールヘッダについて調べてからヘッダが気になって仕方ありません。ついつい覗いてしまう私。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です