Firefox のバックアップと復元

基本はプロファイルをフォルダ毎バックアップ、再インストール後に丸ごと戻す、でいいと思います。
Firefox Help: プロファイルの管理

項目を選んでバックアップ・復元ができるのがこの拡張機能。
FEBE Firefox Extension
私の環境(Mac OSX 10.4.11・Firefox 2.0.0.12)では、「これらのファイルのアクセス権を 755 にするよ!できなかったら自分でやってよ!」というダイアログが出た後に変更できなかったよエラーが出たので手動でパーミションを変更し、オプションのデバッグにある Disable permissions check のチェックを外したところうまくいきました。
早速新規プロファイルを作ってこの拡張機能をインストールして普段のプロファイルのバックアップから復元しようとしましたが、うまく復元できない項目もあるようで。

やっぱり地道にプロファイルフォルダから復元するのが確実かな。
でも項目は選んで復元をしたいので調べてみました。

  • bookmark.html ブックマーク
  • cookies.txt Cookie
  • formhistory.dat フォームの入力履歴
  • signons2.txt Basic 認証のユーザ名とパスワード
  • pref.js 各種設定

pref.js には環境設定での設定項目以外にも about:config で設定した内容もすべて記載されているので、まっさらな状態で始めるには復元しない方がいいのかも。

拡張機能についてはもう一度インストールし直してプロファイルフォルダのバックアップからファイルをコピーして復元、もしくはもう一度設定し直すのがよさそう。現在利用している拡張機能をメモっておく。

ColorZilla は設定項目なし。

FireGestures は軽量マウスジェスチャ。機能がシンプルだし userChrome.js を使う方法よりも簡単です。
朝顔日記 – マウスジェスチャを実現する FireGestures
設定ファイルはプロファイルフォルダの firegestures.sqlite だそうです。

Html Validator は、アルゴリズム: 併用・アクセシビリティ: 普通・アイコンとテキストをステータスバーに表示にして、自分のサイトとローカルのみチェックをかけるように設定しています。
どのサイトでもチェックするようにしてたら気になって仕方ない。

Make Link は以前記事にしている
ページタイトルのみ(%text%)も便利なので最近追加しました。

Measurelt は画面上をドラッグすることで大きさを測定できる便利ツール。たまにしか使わないけどなかったら困るという、実際の定規と同じかんじだなこれは。

Screen grab! はページの見えている範囲だけではなく、ページの上から下までとか選択範囲のスクリーンショットをコピーもしくは保存できる拡張機能。設定は特になし。

Stylish はプロファイルフォルダにある stylish.rdf に追加したスタイルが保存されているようだ。

Web Developer はデフォルトのまま使っているので保留。

SBM カウンタは各 SBM のログイン情報とか除外するサイトがいくつか登録されているだけなので改めて設定する。

テキストリンクは最近なぜか使えない・・・。設定画面で入力して OK しても保存されなくて動きません。
なので入れ直す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です