Coda で正規表現デビュー

Coda の検索・置換ではチェックマークをクリックすると設定項目が開きます。
その中の正規表現にチェックを入れておくと使えるようになるわけですが、今までは正規表現自体よくわからなかったので使うことはありませんでした。

最近 \n と \t くらいは覚えたので、ソース内のタブ文字と改行をすべて削除するために使ってみました(`・ω・´)

「検索」に \n 「置き換え」を空欄のままで すべて をクリック、「検索」に \t 「置き換え」を空欄のままで すべて をクリック。
これですべてのタブ文字と改行がなくなって長い 1 行のコードになりました。
さらに調べてみたら \n|\t と書けば一度の置換で両方消せるんですね!

Coda の検索オプション

設定項目がたくさんあるけど何一つ意味がわからない。
でも今のところ困ってないからいいことにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です