VMware Fusion 2.0 にアップグレードしてみた(試用版)

そういえば MacBook で Windows を動かそう作戦が中断している間に VMware Fusion がバージョンアップしていたような・・・と思ってサイトを見てみてみました。
以前は「お試し版が欲しい人はメールで連絡してね」となっていたのに、英語サイトでメールアドレス等を登録してダウンロードするようになっていました。
ライセンスはメール内の Activate My Evaluation! とかをクリックするとページが表示される模様。

ダウンロードは ADSL 12M で 30 分弱かかりました。早く来い来いフレッツ光。
インストールを開始すると、以前インストールして期限切れのまま放置していた旧バージョンを検知して自動的にアップグレードになった?
シリアル番号の期限が切れているので新しい番号の入力を促されたので、先程メール経由で確認したシリアル番号を入力。5 分もかからず完了しました。

起動すると画面がかっちょよくなってる!見た目の問題では Parallels に負けないね!
以前インストールしてあった Windows XP を起動すると「この仮想マシンをアップグレードしますか。」というダイアログが出たのでアップグレードをクリック。
しばらくすると普通に Windows が起動して、自動的に VMware Tools のアップグレードが始まったようです。
Windows を起動したときのメイン画面のアイコンも微妙に変わっていて、前よりちょっと精細になったような気がします。右下の青いアイコンがいくつか増えたような・・・。

ウイルス対策は McAfee の 12 ヶ月無料体験版がインストールできるようになっているようですが、ウイルスバスター 2009 の体験版でも入れてみようと思います。

今回は試用期限に余裕があるうちに、VMware Fusion の Windows XP に接続した FOMA を経由して Mac でインターネット接続を試してみようと思います(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です