デジタル出力ですっきり

MacBook に 24 インチワイド液晶ディスプレイを接続してウハウハになっていましたが、VGA というアナログ接続のため?画面がにじんでいたのをなんとかすべく立ち上がりました。
今まで持っていたのが Apple Mini DVI – VGA アダプタでアナログ出力、新しく用意したのが Apple Mini DVI – DVI アダプタでデジタル出力!
ディスプレイにはもともと DVI と VGA のケーブルが付属していたのでアダプタのみあればおっけーでした。

早速ディスプレイ背面の差し込み口にケーブルをくっつけて、アダプタを装着して MacBook に接続!
VGA ではアンチエイリアスのかかっていない文字もぼやっとしていたのが改善 (例えばターミナルの文字とか) 全体的にすっきりした表示になりましたヽ(・ω・)ノ
Apple のおにいさんに電話で聞いたときは、VGA でも DVI でも 1920 x 1200 は MacBook が出力できる範囲なので、アダプタを変えてもにじむのは改善しないかもーとのことだったので感動でした。

この感動を伝えたいと思い両方の接続でスクリーンショットを取ったのですが、見たらどっちも同じ・・・。信号自体はクッキリアンチエイリアスなしで送られてきているのにディスプレイ側が表示するときにもやっとしてしまっているだけですもんね(´・ω・`)

2,500 円程のアダプタを変えるだけで満足できるとはいい買い物をしました。我慢しなくてよかった!
ちなみにアダプタは amazon でも購入できますが、定価以上で売っている店ばかりです。
でも Apple ストアだと 5,000 円未満で 500 円の送料がかかってしまうので、amazon で定価 + α 送料無料の方がお買い得だったりするかも。
また、MacBook Air や新型 MacBook・MacBook Pro では Mini DVI シリーズではなく Mini DisplayPort シリーズになるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です