ローカルにサーバのクローンを作る MovableType 編

まだ公開はしていないんだけど、エクスポートした sql ファイルが 25 M もある MovableType をローカルに復元してみます。
うまく行かないんじゃないかとがくぶる (((´・ω・`)))

データベースのエクスポートとサーバのファイルのダウンロードについては WordPress 編に書いたので省略。

MovableType のデータをインポート

ローカルの phpMyAdmin でサーバと同じ名前のデータベースを作成してインポート。
オプションの SQL 互換モード を MYSQL40 にした。
phpMyAdmin でインポートできる上限を 35 M に変更してあるので 25 M の sql ファイルも問題なくインポートできました。

URL などの設定を変更する

サーバから持ってきたファイルには現在稼働している情報が書き込まれているので、ローカルで動くように修正が必要です。

/mt/mt-config.cgi

CGIPath・StaticWebPath の URL と MySQL の設定でユーザ名のみ異なるので修正しました。

パーミッションの変更

サーバからダウンロードしたファイルを通常のインストールで変更すべきパーミッションに変更。

データベースの mt_blog にある blog_site_path と blog_site_url

ローカルの URL に修正しました。

.htaccess も不要な記述などあったので調整して完了。
細かいところはスルーで「エクスポートした sql ファイルをインポートして元通りになるか」のみ確認しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です