unknown SIGSEGV code 0

Photoshop CS4 を起動後ネットワークから切断されて NAS がえらいこっちゃになったとき、コンソールのログにこんなのが出力されていました。

09/09/20 15:03:24 kernel unknown SIGSEGV code 0 

ざっと数えた限りでは、わんつーさんしー・・・50 件くらいありました。
Leopardのコンソールに多発する「unknown SIGSEGV code 0」の原因はCS4? (Creatiblog:310326)
これだー!

記事中で紹介されている Accept and download the Licensing Repair tool for Mac をダウンロードしてマウント、LicenseRecoveryLauncher を実行するとターミナルが起動します。以下、ログより抜粋。

このツールは、ライセンスサービスをアップグレードし、Adobe Acrobat 8 および 9、Creative Suite 3 および 4 製品のライセンスファイルを修復するために開発されました。

(中略)

アップグレードと修復が完了しました。アドビ製品の実行を再度試みてください。問題が解決しない場合は、削除オプションを選択してこのツールを再度実行するか、アドビカスタマーサポートにご連絡ください。

完了後再び Photoshop CS4 を起動してみると、先程の記事の方と同様コンソールにエラーログが出なくなり、Photoshop CS4 の起動も体感で 1/5 くらいになりましたヽ(・ω・)ノ
でもこれってたまたまコンソールを見たから見つけたけど、気付かなかったらずっとそのままだったんだよな・・・いつからこうなっていたんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です