あのよろし / あかよろし

花札の赤短に書いてあるひらがな、今までずっと「あのよろし」だと思っていたのですが間違っていたようです!

まず、この短冊の文字を「あのよろし」と読むこと自体が、間違いであるということが分かりました。よく見ると「の」の上に点があります。これは変体仮名と呼ばれるもので、可を崩したもの、つまり「か」のことです(●●さん江、みたいなやつです)。

「あのよろし」ってなんですか?: なころぐ

へええー!
花札 – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です