AVCHD Lite と Motion JPEG

ついにデジカメを買い替えたわけですが、動画の保存形式が二種類あってよくわからんので調べてみました。

価格.com – 『AVCHD LiteモードかMotion jpegモードか』 クチコミ掲示板
Motion JPEG は一度に 2 GB までの容量しか撮影できないけど見た目は若干キレイ、ファイルサイズは AVCHD Lite よりも大きくなる、ってことだべか。動画は長くても 3 分くらいだろうし、主に Mac で管理・再生するので Motion JPEG で撮っておくのがいいかねー。

デジカメを Mac に USB 接続したら自動的に所定のフォルダにコピーして SD カードからデータ削除する設定にしているんだけど、Motion JPEG で撮影したものはコピーされ、AVCHD Lite で撮影したものはコピーされず SD カードに残っていました。
iMovie を起動したら吸い取れたけど、久々に iMovie を見たら iPhoto のムービーが表示されなくなっている!なんだこれー。

一致するビデオがありません。

Apple Care に加入していることだしサポートのおにいさんに電話して聞いてみたところ、以下の方法を試してみることになりました。

iMovie を疑ってみる

/Users/ (ユーザ名) /Library/Preferences/com.apple.iMovie8.plist をデスクトップに移動して iMovie を起動すると設定が新しくなるので再び iPhoto ビデオを読み込むかも?
やってみたけど読み込まなかった。

iPhoto を疑ってみる

option キーを押しながら起動

option キーを押しながら iPhoto を起動するとライブラリ選択画面が出るので、新しくテスト用のライブラリを作成して起動。
何も入っていないライブラリに .mov 動画ファイルを読み込んでから iMovie を起動・・・読み込まない。

iPhoto の設定を変えてみる

写真の画像ファイルは iPhoto におまかせで管理すると「ロール32」とか変なフォルダに分類されて嫌なので自分で年月毎のフォルダに分類して整理しています。同じ HDD 内の別の場所に置いてあるので iPhoto ライブラリ内には画像ファイルをコピーせずにエイリアスだけがある状態。
以前からこの管理方法で iMovie でも iPhoto ビデオを読み込むことができていたんだけど、アップデートなどで仕様が変わった?もしくは私の勘違いかもしれないので変更してみました。

項目を iPhoto ライブラリにコピー

iPhoto の環境設定 → 詳細タブの 項目を iPhoto ライブラリにコピー のチェックを外していたのをチェックを入れるに変更。その後ライブラリ内に .mov 動画ファイルを読み込んでみると・・・なんということでしょう、iMovie の iPhoto ビデオの一覧に表示されたではあーりませんか!

いつからこうなったのかわかりませんが、iMovie で iPhoto ビデオを表示するためには iPhoto ライブラリ内に動画ファイルのコピーがないとダメってことでした。
めんどうだし iMovie 使う機会があるとも考えにくいので、今後も iPhoto ライブラリ内にコピーを置かない戦法でいきたいと思います(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です