ちょっとした違い

説明書読めよ!で解決なんだけども、古いカメラも新しいカメラも同じ Panasonic のごろんとしたコンデジで、ホワイトバランスの設定方法も同じだろうとやっていたら色が変・・・。

FZ10 はホワイトバランス設定するときに白いものをレンズに見せてシャッターを切ると設定されましたが、FZ38 ではメニューの真ん中ボタンを押すようになっていました。
白いものを見せながらメニューボタンを押す、どこかに固定してある白いものだと両手でカメラを持てるので問題ないのですが、左手で白いものを持ちつつ右手でメニューボタンを押すとなるとボタンの位置的にやりづらいです。

あと白いものっていつもその辺にあるてきとーな白いものを見せてるんだけど、普段から気軽に持ち歩けるような何かを用意したほうが便利かなー。真っ白の他にちょっと色付きの紙とかでホワイトバランスを設定したら色合いが変わって楽しい!みたいなこともやってみたい。
リング式の小さいメモ帳に厚紙をくっつけて作ってみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です