忌中と喪中

忌中と喪中ってどう違うの。
という質問を受けたのでググるの巻。

忌中:古来より我が国では、『死』をおそれ、身近に無い方がいい事柄とし、「ケガレ(気枯れ)」と考えて 遠ざけて(忌んで)きました。忌中というのは、自分が「忌むべき状態にある」という事を言います。 この期間は、世間対しても諸事慎みます。この期間が過ぎると忌明けとなります。
喪中:喪中とは、悲しみを表す喪服を着ていることを言います。この期間は、亡くなった人との関係の深さ により違うものです。通常最も長い喪の期間は一年ですが、悲しみは悲しみとて私たちは、平常の 生活をしなければなりません。家庭のまつり事も同様に平常通りであるべきです。

忌中と喪中について

なるほどー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です