CleanArchiver でリソースフォークを含めずに圧縮

lzh 終了のお知らせで別の圧縮ソフトを探していたところ見つけました。XHTML&CSS超高速コーディング術の 168 ページに載っていたよ!

CleanArchiverの最大の特徴として、簡単なオプションの設定でMac OS Xのシステム管理ファイルである.DS_Storeやカスタムアイコンファイル(Icon\r)をアーカイブに含めなくする機能があります。そのため他のOS向けのアーカイブを作成する際に、相手にとって意味のないファイルをアーカイブの中に残さなくて済むようになります。

Sopht Square – CleanArchiver

使い方は DropLHa と同じ。
今までは PathFinder のツールバーにアイコンを置いていつでも圧縮できるようにしていましたが、ツールバーアイコンだとドラッグしたときにアイコンが左右に逃げてしまうことがよくあるので、サイドバーに CleanArchiver.app のエイリアスを登録しました。

PathFinder で思い出したけど、PathFinder の環境設定の圧縮のところに「リソースフォークは無視する」等の項目があったなー。もしかすると別途圧縮ソフトを使うよりも、PathFinder のドロップスタックを利用して PathFinder で圧縮するのがスマートなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です