化学の進歩を感じた

先日ドラッグストアをうろうろしていたら、季節物の日焼け止めコーナーにサンプルが並んでいたので試してみました。
昔は日焼け止めというと、真っ白になって塗った後貼り付くような感覚になるのが普通だった気がしますが、最近のはすごいのねー!さらさら透明でびっくり。

塗ったかんじだけで選んだのが正解だったのか間違いだったのかよくわからんクチコミだ><
「これ塗っても焼ける」というのが何とも不安ですが、何も塗らないよりはいいだろうということでしばらく続けてみようと思います。続くかな・・・。

髪の痛みも気になっていたので、日焼け止めの次はシャンプーコーナーでうんうん言ってました。
もー、種類ありすぎてわからんわ!
赤 TSUBAKI のにおいが好きでシャンプーとコンディショナーを使っているのでおそろいのトリートメントにしようと思いましたが、白 TSUBAKI がダメージ用とのことでそちらを購入。

1 回の使用でつるっつるさらっさらになって小躍りしたのですが、クチコミを見る限りダメージを補修しているのではなく何かで表面をコーティングしてくれているだけらしい。
まーでもバサバサギシギシよりはずっといいのでなくなるまで使うよ(`・ω・´)ゞ

日焼け止めもトリートメントも、他のたくさんのものも、どんどん技術が進歩してすごいことになっているんだなーと感じました。
楽しみが増えた気分ヽ(・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です