Coda で Zen-Coding を使う 2010

Coda で Zen-Coding を使う – p15.jp
1 年前は残念ながら使いこなせる状態ではなく、Zen-Coding の話題を見ても Coda だもん(´・ω・`) となっておりました。先程またもや Zen-Coding という単語を見かけてしまったので、何気なく本家サイトへ行ってみると新しいバージョンが出てるではないですか!

早速ダウンロードして解凍、TEA for Coda.codaplugin をダブルクリックで Coda にインストールされます。初期状態ではコード展開のショートカットキーは F1 です。
プラグインがインストールされた先は、/Users/ (ユーザ名) /Library/Application Support/Coda/Plug-ins/TEA for Coda.codaplugin

TEA for Coda.codaplugin のパッケージの内容を表示して Support/Library/zencoding/zen_settings.py で言語設定、Contents/Resources/English.lproj/TextActions.plist でショートカットの設定。F1 キーでコード展開というのは位置的に遠すぎるので、control + J に設定してみました。決して指が短くて届かないからではありません。
何故か CSS ファイルでは Zen-coding が動いてくれないのですが、通常の補完機能で間に合っているのでよしとします。

Coda 起動時に Zen-coding プラグイン読み込み時間が若干あるのは気にならない範囲。便利すぎてニヨニヨしてしまうくらいなので、これから使い倒したいと思います(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です