Numbers のヘッダ・フッタ機能が復活

iWork ’09 の Numbers 2.3 から最新版の Numbers 3 にバージョンアップすると、バージョンは上がっているのに機能は大幅に低下というわけわからん状態になっていました。電話で問い合わせしたところ、いろいろなデバイスに最適化した結果シンプルになったと Apple のおにいさんが言っていましたが…意味わからん。

一番困ったのはページのヘッダ・フッタがまるっと消えて使えなくなっていたところ。表のヘッダではなくページのヘッダです。古いバージョンで作ったファイルを Numbers 3 で開くと、ヘッダとフッタがなかったことになっていて編集できないし表示すらされない!仕方ないので今までヘッダ・フッタがあった場所にテキストボックスを置くことで対応していました。

先程 Numbers 3.2 へバージョンアップしたらヘッダ・フッタ機能が復活してるー!

Numbers 3.2 の新機能はこちら。

  • 新しい“表示のみ”設定により、ほかの人に見せたいけれど編集してほしくないスプレッドシートの共有が可能
  • プリント設定でマージンを設定
  • プリント設定でヘッダとフッタを作成
  • 新しいプリントオプション:ページ番号、ページの順序、拡大/縮小
  • カスタムデータフォーマットを作成
  • カスタム表スタイルを作成
  • CSVファイルをシートに直接ドラッグアンドドロップ
  • CSVファイル内でドラッグして既存の表を自動的にアップデート
  • バブルチャートラベルのZオーダーを制御
  • セル単位の読み取りフィードバック
  • テキストボックス動作の向上
  • メディアブラウザの改善(検索機能など)
  • インスタントアルファイメージ編集の向上
  • Microsoft Excelとの互換性の向上
  • AppleScriptサポートの向上
  • 操作性の向上

Mac App Store – Numbers

マージン設定とヘッダ・フッタ設定と、カスタムデータフォーマットとカスタム表スタイル辺りがうれしい追加。というか Numbers 2.3 のときはできてたことなんだよ…なんでここまで完成させてから世に送り出さなかったんだ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です