GitHub に新しいリポジトリを作成する

Create a New Repository から作成。

You can create a new repository on your personal account or any organization where you have sufficient permissions.

Creating a new repository · GitHub Help

Owner
リポジトリを作成するアカウントを選択。
Repository name
リポジトリの名前。
Description
リポジトリの説明。空欄のままでもよい。
Public / Private
Private は課金必須。
Initialize this repository with a README
README.md を自動生成するかどうか。チェックを入れると自動生成される。
Add .gitignore
.gitignore を自動生成するかどうか。リストから選択できます。
Add a license
リポジトリのライセンスを設定できる。

実際に作ってみた

説明読むより作ってみた方がわかるよね!

README.md のチェックなし、.gitignore とライセンスの設定なし
README.md のチェックあり、.gitignore とライセンスの設定なし
README.md のチェックと .gitignore の設定あり、 ライセンスの設定なし
README.md のチェックとライセンスの設定あり、.gitignore の設定なし

README.md について

リポジトリの説明文で、マークダウン記法が使えます。マークダウン記法の書き方はこちらを参照 Mastering Markdown · GitHub Guides

While a README isn’t a required part of a GitHub repository, it is a very good idea to have one. READMEs are a great place to describe your project or add some documentation such as how to install or use your project. You might want to include contact information – if your project becomes popular people will want to help you out.

Create A Repo · GitHub Help

README.md は必須ではないけど、このファイルの内容がリポジトリのトップページに表示されるので、新規リポジトリ作成時にチェック入れて作成しとけばいいですね。

.gitignore について

新規リポジトリ作成時にリストから選択して追加もできますが、オレオレルールの .gitignore を用意しておいて使う = 新規作成時は「None」にしておいて、後でコミットするのがよいそうです。

gitignore/Global/Windows.gitignoregitignore/Global/OSX.gitignore とかを混ぜたらいいかな。

自分の環境に依存して、かつGitではバージョン管理をしたくない時にはホームフォルダの.gitignoreにファイルを記述して、プロジェクトでバージョン管理したくないファイルをリポジトリ内にある.gitignoreに記述してメンバー全員で共有する

.gitignoreの存在を我々は見過ごしてはならない。 – Qiita

ローカルでも .gitignore の設定ができるので、自分の環境に依存した設定はローカルで設定しておいて、リポジトリに置くオレオレルールの .gitignore は最低限のものでいいかなーと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です