Windows 7 ベータを入れてみた

Windows XP + VMware Player に Windows 7 ベータを入れてみました。
Vista すら見たことないのに 7 なんて・・・と思っていたんだけど、今朝 nic さんが記事にしたっていうからついつい。

SPaiS – Windows XP の VMware Player に Windows7 beta をインストール
基本ここに書かれている通りでできましたヽ(・ω・)ノ

一つだけ、vmx ファイルをどうやって作るのかわからなかったのでググったところ、
#02 ゲストOSインストール用のための設定(vmdk、vmx)::VMWare×CentOS5 Windowsでカンタン開発環境 – GRANADA Hatena @ sotarok
普通にテキストファイルの拡張子を vmx にしたらおっけーでした。

Vista が出てから何年経ってるんだっけ・・・2007 年?
それをすっ飛ばして Windows 7 を見たもんだから感動しましたよーキレイ!
VMware Player 上で動かしているのでエアロ機能とかビジュアル的なものが動かなかったりしているので、まともにインストールしたらもっとすごいんだろうなぁ。
でも見た目のキレイさは Mac に任せておいて、確認用とちょっとした作業用なら XP のままで充分だと思いました。

VMware Player をインストールしただけだと VMware Tool がインストールされないので、マウスカーソルの移動にいちいちキーボードを押さないとなりません。
VMware Server をダウンロードして中に入っている windows.iso からインストールできるとのことでやってみた。

端っこなひとの備忘録: VMWare Tools のインストールメモ
設定ファイルをごにょごにょじゃなくて、デバイスの CD / DVD → ディスク イメージ ファイル(iso)に接続 から読み込んでインストール。
全画面表示にできたりシームレスにマウスカーソルの移動ができたり便利になりました。
便利になってうれしくなるほど Windows 7 をいじるかどうかは置いといて。

最後に一言、マインスイーパーがかっちょよくなってたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です