ターミナルで lolcat

lolcat とは (Google 画像検索)

lolcat(ロルキャット、あるいはエル・オー・エル・キャット)は、多くの場合ネコの画像にユーモラスで風変わりなキャプションを、正しくない英語で付けたものである。ここで使われる方言はロルスピーク(lolspeak)あるいはキティ・ピジン(kitty pidgin)と呼ばれ、インターネットスラングなどに見られる文法の貧弱な英語のパロディである。

Lolcat – Wikipedia

おお、これか!昔の Twitter のエラーページにも載ってたね。

ターミナルで lolcat

ターミナルで動く lolcat というのを教えていただきました。busyloop/lolcat
ターミナルのログが虹色になるというだけのものなんだけど、なんかかわいいww 早速使ってみます。インストール!

$ gem install lolcat

インストールしたはいいけど、普段ターミナルで何かするわけでもないので compass のログを lolcat してみます。

$ compass w | lolcat

すると compass のログが虹色に!いいねいいね。

Coda 2 のターミナルで lolcat

Coda 2 のターミナルでも虹色になるかやってみたところ、色はつくんだけど…なんだこれ。

左が Coda 2 のターミナル、右が普通のターミナルです。Coda 2 は色が雑…。

「ターミナルで lolcat」への2件のフィードバック

  1. Coda 2 の方は使える色数が 16 色なんじゃないですかね。
    ターミナルや iTerm では Terminal-Type が xterm-256color という設定になって 256 色使えるようです。

  2. > Coda 2 の方は使える色数が 16 色なんじゃないですかね。

    色数少ないのはいいとして、太字と細字が混じってるのが意味不明ですw

    Coda 2 の環境設定では 文字色 / 背景色 の設定しかなかったので、
    さくっと諦める方がよさげなかんじですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です