OS X Yosemite 10.10.3 写真のための写真アプリ

待ってたホイ!!Apple – OS X – 写真 プレビュー(日本語サイトでは、まだプレビューの紹介ページしかないみたい)

  • アイコンめんこい。
  • 写真(モーメント)ではすべての写真が時系列に並ぶ。
  • すべての写真(アルバム)でもすべての写真が表示されるけど、時系列でもないし何順だ?
  • 人々の切り抜きが ○ になってるので、顔の形を切り抜いたとき、より自然なかんじでよい。
  • 人々認識されなかった写真にも、情報ウィンドウから人を追加できる。
  • 人々の「候補の人」をドラッグで人々に追加できるけど、複数選択して一気にドラッグはできないんだろうか。

iPhoto では写真を「イベント」で管理していましたが、写真アプリではどんどん追加して時系列で探す、または人々やキーワードを追加して探すようになっています。読み込む毎に自動的に追加されてしまう「イベント」が邪魔なことも多かったので、これはうれしい変更点!

起動!

photo_09

どどーん。まずはクイックツアーを見てみます。

photo_01

photo_02

photo_03

photo_04

photo_05

photo_06

photo_07

photo_08

はい!使ってみます!!

photo_10

中途半端な iPhoto ライブラリがあるけど新規でいきます。

photo_11

デフォルトでこんな名称になっているので、特に変更せず。

photo_12

iCloud フォトライブラリは使いません。写真データは手動でやりとり。

photo_13

いらっしゃいましたー!!

環境設定

photo_14

私は画像ファイルを yyyyMMdd_HHmmss_カメラ名.拡張子 という形式でリネームした上で、ピクチャフォルダ内の年月フォルダに入れて保存しています。写真アプリに読み込んだ写真を写真ライブラリにコピーする設定にすると、画像ファイルが重複して存在することになってしまうので、「項目を写真ライブラリにコピー」のチェックを外しておきます。

photo_15

iCloud フォトライブラリとマイフォトストリームはオフで。

photo_16

共有先の項目は、システム環境設定のこちらから変更できます。

キーボードショートカット

メニューの ヘルプ → キーボードショートカット を開くとキーボードショートカット記号のページが表示されますが、上部のリンク「キーボードショートカット」を開くとキーボードショートカットのリストが表示されます。以下、一部抜粋。

一般

  • command + 1 写真を表示
  • command + 2 共有された写真を表示
  • command + 3 アルバムを表示
  • command + 4 プロジェクトを表示
  • option + command + S サイドバーを表示 / 隠す
  • option + S 分割表示を表示 / 隠す

写真を編集する

  • return 選択した写真を編集ビューで開く
  • C トリミング
  • A 調整
  • F フィルタ
  • E 赤目補正
  • R レタッチ
  • command + option + R 回転(時計回り)
  • command + R 回転(反時計回り)
  • M オリジナルの写真を表示(キーを押したままにする)
  • 次の写真へ移動
  • 前の写真へ移動
  • delete 選択した写真を削除
  • command + F 検索
  • Z 拡大 / 縮小
  • command + + 段階的に拡大
  • command + - 段階的に縮小
  • command + L 選択した写真を隠す
  • 写真をドラッグ 拡大時に写真の表示を調整

写真を整理する

  • command + N 新しいアルバムを作成
  • shift + command + K アルバムのキー写真を設定
  • option + command + N スマートアルバムを作成
  • shift + command + N フォルダを作成
  • command + + サムネールサイズを大きく
  • command + - サムネールサイズを小さく
  • 写真をダブルクリック 拡大表示 / サムネール表示切替
  • shift + command + T タイトルを表示 / 隠す
  • command + I 情報ウインドウの写真情報を表示 / 隠す
  • . 写真をお気に入りにする
  • command + K キーワードマネージャを表示 / 隠す
  • command + delete ライブラリから写真・項目を削除
  • delete アルバムから写真を削除(ライブラリには残る)

読み込みと書き出し

  • shift + command + I 写真を読み込む
  • shift + command + E 写真を書き出す

iPhoto から「写真」へ

iPhoto が開発終了したと聞いたときからずっと待っていた写真アプリ。基本的な使い方は変わっていないので困ることはないし、サクサク軽いし、なによりアイコンがめんこいのは正義です。写真整理、少しずつやるぞー!おー!!

「OS X Yosemite 10.10.3 写真のための写真アプリ」への4件のフィードバック

  1. odanet さん、

    人々に登録された人の顔が大きい◯と小さい◯で表示されていると思いますが、ドラッグアンドドロップで並べ替えできますよ〜。

    上の大きい◯の付近に持っていけば大きい◯に、
    下の小さい◯の付近に持っていけば小さい◯になります。

  2. 「写真」になってから、使いこなせていません。デジカメから取り込んだ写真を、iPhotoで作っていたイベントに移行する方法を教えてください。iPhotoではドラッグすれば追加できていたのですが。

  3. Tanaka さん、

    「写真」アプリでは、「イベント」という機能がなくなっているみたいですね〜。

    自力でアルバムを作成していかなければならないですが、「アルバム」なら写真からドラッグで追加できますので、iPhoto の「イベント」っぽいものを作ることができそうです。

    私はもともと iPhoto で「201505」などといった年月の名称の「イベント」を作成して管理していたので、「写真」アプリの年別・コレクション・モーメント表示で特に不満はなかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です