Windows で画面を白黒にして文字サイズを大きくする方法

目が悪くて文字が大きい方がいい、白背景はまぶしいから黒背景にしたい、ウェブサイトも背景画像や色指定など無視して白黒で閲覧したい、という方向けの設定。
いくつかの設定で変更できますし、元に戻すのも簡単です。

画面の色について

[画面のプロパティ] => [デザインタブ]

[ウィンドウとボタン] を [ Windows クラシック スタイル] にします。
[配色] を [ハイコントラスト #1] ~ [ハイコントラスト 白] にすると白黒の配色で表示できます。

[フォントサイズ] を [特大] にすると大きい文字で表示できます。

細かい調整は [詳細設定] で個別に指定できます。

ブラウザの設定について

Internet Explorer の [ツール] => [インターネットオプション]

[全般タブ] の [色] で、文字色・背景色・リンクの文字色などを変更できます。

[ユーザー補助] の [書式設定] で以下にそれぞれチェックを入れると、サイトの色や画像を無視して自分で指定した色や文字サイズで表示できます。

  • Web ページで指定された色を使用しない
  • Web ページで指定されたフォント スタイルを使用しない
  • Web ページで指定されたフォント サイズを使用しない

さらにブラウザでの文字サイズを変更するには、ズーム機能で拡大するか、[表示メニュー] で [文字のサイズ] を [最小~最大] に変更することで文字サイズを変更できます。
ズーム機能は画面全体を拡大縮小、文字のサイズは文字だけを拡大縮小します。

以上、Windows XP + Internet Explorer 7 でのご説明でしたが、他のバージョンでもほぼ同じ設定が可能と思います。

白黒画面

画面の色設定: ハイコントラスト #1 ・フォントサイズ特大
ブラウザの設定: ズーム 125 %・文字サイズ特大
以上の設定で表示した画面です。

普通の画面

通常の表示です。大きさを比べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です