FreeMind OSX を入れてみた

SourceForge.net: FreeMind
白い紙にぐりぐりとメモしていくのを画面上でやるかんじ?

ちょっと古い紹介記事だと日本語版へのリンクがあったりしましたが、0.9.0 RC4 をインストールしたところほぼすべてのメニューが日本語化されていました。

ファイル → 新規 をクリックすると新しいキャンバスが表示され、中央に「新規マインドマップ」とありますのでそこをクリックして任意の名称に変更するところからスタート。ここが文書でいうとタイトルみたいなものです。
要素にカーソルを乗せると背景色がグレーになり、Tab を押すとその要素の下に子要素を作成、子要素を選択した状態で Enter を押すと子要素を並列に追加することができます。
また、要素の背景色がグレーの状態で左側にあるアイコンをクリックすると、要素内の文字列の先頭にそのアイコンが付与されます。
他にもいろいろ挿入できるのでメニューの 挿入 から、もしくはショートカットを覚えるとよいかも。

要素の背景色がグレーの状態でドラッグすると別の場所へ移動することができます。
要素の文字列先頭よりちょっと手前にカーソルを乗せると縦長の楕円が表示されるので、その状態でドラッグすると要素の位置を変更することができます。

いろいろ企てるのに新しいノートを買って来ようかと思ったけど FreeMind に思いつくまま入力してみようかな。
アウトプットするだけなら紙でもマインドマップツールでも同じだけど、それを整理してまとめるとなるとこのようなツールが便利そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です