気象庁の天気予報ウィジェット 空模様

常時デスクトップに表示して役に立ちつつ楽しいウィジェットはないか探していたら、見やすい天気予報のウィジェットを見つけました。

日本国内各地の天気予報をアイコンで表示する Widget です。気象庁のサイトで公開されているデータを自動的に取得します。

Cyan’s Image Chamber : Macintosh : 空模様

気象庁のデータと聞くとよく当たりそうな気がしてしまう。

テーマは通常サイズ・ミニサイズ・でっかい版の 3 サイズがあり、それぞれ数種類ずつ色やアイコンの異なる見た目を選べますが、ウィジェットのサイズを自由に変更することができないので iCal ウィジェットと同じ横幅のテーマを作成してみました。

テーマファイルを追加する

編集したファイルは /Users/ (ユーザ名) /Library/Widgets/SoraMoyo.wdgt のパッケージの内容に含まれる以下のファイル。

  • /SoraMoyo.html 追加したテーマの CSS を読み込ませる。
  • /Styles/Riszw/style.css
  • /Styles/Riszw/riszw.png 背景画像
  • /Styles/Riszw/splitter0.png
  • /Styles/Riszw/splitter3.png
  • /Styles/Riszw/splitter7.png
  • /Weathericons/Riszw/各種アイコン

SoraMoyo.html は 18 行目辺りに次の 1 行を追加。
title はテーマ一覧に表示される名前で、icons はどのアイコンセットを利用するかの指定らしい。

<link type="text/css" rel="alternate stylesheet" href="Styles/Riszw/style.css" title="Riszw" icons="Riszw">

/Styles/Riszw/ フォルダは他のテーマフォルダをコピーして作成。
作成したいテーマはデフォルトと同じ高さで横幅を広げたものなので、style.css では主に高さと position の top などの高さに関わる部分や、文字色などを編集。
splitter数字.png は 3 日間表示や 7 日間表示にしたときの区切り画像。

/Weathericons/Riszw/ フォルダも他のアイコンセットフォルダをコピーして作成。
もともと含まれているアイコンもステキなのでそのまま使ってもよかったんだけど、せっかくなので適当に描いてみました。雪アイコンも描いたのにしばらく見られないこのもどかしさ。

確認には killall ではなく kill

ターミナルで killall Dock とするとダッシュボードも含めた Dock 全体が再起動されますが、それだと時間もかかるので狙ったウィジェットのみ再起動することにしました。

kill -HUP プロセス ID

プロセス ID はアクティビティモニタの一覧の左端「プロセス」欄の数字です。
ダッシュボードウィジェットはプロセス名にウィジェットの名前が表示されず、どのウィジェットも DashboardClient と表示されていますので、詳細を表示 → 開いているファイルとポート を見て判断しました。

でけたー!

iCal + 空模様

こんなかんじにできました。iCal にくっついているのは並べて表示して iCal が上にかぶっているからです。

アイデアさえあれば自分でダッシュボードウィジェットを作れてしまうんじゃないかと妄想してしまう・・・難しいことをしなければ HTML と CSS だけでできちゃうんじゃないのー。もっともそんなウィジェットが役に立つかどうかは置いといて。
Flickr の検索結果を拾ってきてぬこ画像を延々と表示するウィジェットとかどうかしら。すでにそういうのありそうだけど自分で作ったらうれしさ百倍!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です