QWERTY と Dvorak

QWERTY 配列のキーボード、と聞けばどういう由来で名付けられたかすぐわかります。ヒント: 左上。
でもこれはなんて読むんだろうーとググってみたら、Dvorak 配列 というのを見つけました。

Dvorakへの移行を阻害する要因として、キーボードを使用した各種コマンドの入力が挙げられる。コンピュータの入力デバイスとしてのキーボードは単に文字を入力するだけのものではなく、修飾キーと通常のキーを組み合わせてOSやアプリケーションへの操作を行うものである。こうした特殊キー入力はたとえば、Mac OS X や Windowsではアンドゥ、カット、コピー、ペーストが、それぞれQWERTY配列の左下の「z」「x」「c」「v」に割り当てられているように、QWERTY配列を前提にしているものが多い。

Dvorak配列 – Wikipedia

なーるほどー。Ctrl + C でコピーしたいのに C キーが右上にあったらキイィイィイイってなりそうだ。

Dvorak入力を可能にするには、「システム環境設定」の「言語環境」の「入力メニュー」の「Dvorak」のチェックボックスにチェックを入れる。キーボードショートカット使用時(コマンドまたはコントロールキーを押した場合に)はQWERTY配列とする 「Dvorak – Qwertry ⌘」という配列を選ぶこともできる。

Dvorak配列 – Wikipedia

こんな設定項目があったとは!

dvorak

日本語以外の項目をよく見ると、QWERTY 等複数の配列を選択できる言語が結構ありました。世の中にはいろんなキーボードがあるもんだなー。
QWERTY の読み方は「クワーティ」でした。くぁwせdrftgyふじこlp;@ができる配列はクワーティと覚えておこう。

「QWERTY と Dvorak」への2件のフィードバック

  1. QWERTY、私がネイティブの発音を聞く限り、「クォーティ」と聞こえます。

    ドイツだと、QWERTZ 配列 (クォーツ、……riszw さんの調べた言い方だと「クワーツ」になるでしょうか)
    フランスだと、AZERTY 配列 (アザーティ)

    が一般的なようです。

    実際、ドイツ人の同僚は、最初 QWERTY 配列に戸惑ったと言っていました。

    Mac の場合、日本では JIS 配列が標準です。このキーボードはアルファベットと数字の配置は US キーボードと変わらないものの、@ や ” などのシンボルキャラクターの配置が違います (英数・かなキーがあったり、return キーの大きさが異なったり、control キーの位置も違います)。

    当然ながら NZ だと US キーボードに準じた配列が標準なので、今後 Mac を購入する場合、必ず US キーボードを選択することになると思います。だから日本の店舗で購入するのは厳しいのかなとか思ったりもするんですが……。

  2. ポスー!ご無沙汰しております。

    なんと・・・QWERTZ 配列やAZERTY 配列でもふじこができますねw

    > @ や ” などのシンボルキャラクターの配置が違います
    Synergy で サーバ Mac からクライアント Mac にカーソルを移動すると、クライアント側が US キーボードと認識されて困ったことがあります。

    > 日本の店舗で購入するのは厳しいのかな
    確かにメモリや HDD が基本構成と異なるものを販売しているところはありますが、キーボードまで選べるのはないかもしれませんねー。
    っ Apple Store

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です