GitHub で Organization を作った

全面英語でも、やる気と Google テキスト翻訳でなんとかなるもんですね!文章と違って、簡潔に書かれた説明文の集合なので、意外とわかりやすいのかもしれん。

When you create a new organization from scratch, it doesn’t have any repositories associated with it. At any time, members of the organization’s Owners or Admin teams can add new repositories, or transfer existing repositories.

Creating a new organization account · GitHub Help

困ったことがあったら、まず GitHub Help – Categories / Organizations を見るといいですね!

Step 1: Set up a personal account

自分のアカウントの右上 + から New organization を開く。個人アカウントは作成済なので、Completed となっており、実質 Step 2 からスタート。

Step 2: Set up the organization

以下の項目を埋めて左下の Create organization ボタンをクリック。ここをクリックした時点で Organization の作成が完了し、アカウントページの左下にアイコンが表示されます。

Organization name
Organization の名前。URL の一部に使用されます。後で変更可能です
Billing email
管理者のメールアドレス。後で変更可能です。
Choose the organization’s plan
Organization plans を見て、必要なプランを選択します。

Step 3: Invite team members

チームの管理者があらかじめわかっている場合はここで追加できます。また、Organization 作成者である自分は自動的に管理者となります。Finish ボタンをクリックで完了!ですが、前述のとおり Step 2 が終わった時点で Organization の作成が完了しているので、Step 3 はスルーして閉じても問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です