Vagrant をインストールして gaspanik/ut64fend を追加する

アイキャッチを季節に合わせて桜にしましたが、◆← はまだ冬です!桜はゴールデンウィークより後!

VagrantVirtualBoxgaspanik/ut64fend で、メインマシンの環境に影響を与えずに、仮想の開発環境をぴゅっと用意してみます。

Create and configure lightweight, reproducible, and portable development environments.

Vagrant

Vagrant をインストール

Installing Vagrant is extremely easy. Head over to the downloads page and get the appropriate installer or package for your platform. Then install it using standard procedures for your operating system.

Installing Vagrant – Vagrant Documentation

vagrant_01

vagrant_1.7.2.dmg をダウンロードしてダブルクリック、Vagrant.pkg をダブルクリックしてインストール。

The installer will automatically add vagrant to your system path so that it is available in terminals.

Installing Vagrant – Vagrant Documentation

vagrant があるか見てみる。

The getting started guide will use Vagrant with VirtualBox, since it is free, available on every major platform, and built-in to Vagrant. After reading the guide though, don’t forget that Vagrant can work with many other providers.

Getting Started – Vagrant Documentation

素直に VirtualBox にします。

VirtualBox をインストール

vagrant_02

VirtualBox のダウンロードページから OS X 用の VirtualBox-4.3.26-98988-OSX.dmg をダウンロード、VirtualBox.pkg をダブルクリックしてインストール。

gaspanik/ut64fend を使う

protean/UT64-fend is a standard Ubuntu 14.04 box with LAMP(WP-CLI ready), NodeJS, MongoDB, Redis, Ruby(rbenv), Git and some helpful programs for front-end developers.

gaspanik/ut64fend

Ubuntu 14.04 に LAMP(Linux / Apache / MySQL / PHP・Perl・Python + WP-CLI)・NodeJS・MongoDB・Redis・Ruby・Git、その他フロントエンド開発に役立ついろいろがてん「こもり」の箱。

WP-CLI is a set of command-line tools for managing WordPress installations. You can update plugins, set up multisite installs and much more, without using a web browser.

Command line interface for WordPress | WP-CLI

WP-CLI は WordPress をコマンドラインで管理できるツール。

使い方は以下の手順。簡単!

  1. Clone this repository
  2. Vagrant up
  3. Vagrant ssh or Open http://192.168.33.100 (http://localhost:8080)

リポジトリをクローンする

GitHub Help より Cloning a repository – User Documentation で手順を確認。

  1. リポジトリのメインページを開く。
  2. 右側メニューから clone URL をコピーする。
  3. ターミナルを開く。
  4. クローンを置くディレクトリを作成して移動、またはその場所に移動。
  5. git clone と打ってから、コピーした Clone URL を貼り付け。
  6. Enter を押すとクローンが作成される。

やってみる!

今まで git clone とかおそろしくてたまらんかったけど、このコマンドで何が起こってるか考えてみると、ターミナルで今いる場所にダウンロードしてくるだけだー!だから「あ、失敗した。これいらなかったわ」と思ったら、サクッとフォルダごと削除しちゃっていいんですよね!!

Vagrant up する

ダウンロード?構築にしばらく時間がかかるけど、なめことにぼしを取ってる間に終わるくらいです。

使う

Vagrant の中に SSH で接続できます。

http://192.168.33.100 開いたらはろーわーるど!/ut64fend/html/index.html が表示されているようです。phpinfo() もあります。

アップデートを行う

Vagrant の中身を最新版にアップデートします。今インストールしたばかりなのにアップデート!?と思ったけど、インストール時の最新版をダウンロードしているのではなく、GitHub に置いてあるもの 「VagrantCloudというか、AmazonのS3にVagrantのBoxイメージを置いています。」とのこと!がインストールされているのでアップデートが必要だそうです。

まず vagrant ssh をしておきます。

deb

こんなのでてきた!

vagrant_03

Modified configuration file

A new version of configuration file /etc/php5/apache2/php.ini is available. but the version installed currently has been locally modified.

What do you want to do about modified configuration file php.ini?

  • install the package mantainer’s version
  • keep the local version currently installed
  • show the differences between the versions
  • show a side-by-side difference between the versions
  • start a new shell to examine the situation

php.ini が新しくなるけど、どうする?という確認画面だった。keep the local 〜 が選択状態だったし、「現在ローカルにあるバージョンを残しておく」なのでそのまま OK しておいた。

npm

最初に更新あるか調べて更新があったものをアップデートするんだけど、複数のパッケージを半角スペース区切りで入力したらエラー出まくりでした。更新あったよリストの中に npm があったので、sudo npm install -g npm@2.7.4 のみ最初に行い、残りのものをまとめて sudo npm install -g したら更新できました。

gem

composer

sudo つけないとエラー出た。

WP-CLI (via Composer)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です