Numbers ’09 で変わったところメモ

iWork ’08 と iWork ’09 の Numbers を比較してみます。
体験版をダウンロードして普通にインストールすると、アプリケーションフォルダに iWork ’09 というフォルダが作成され、Pages.app・Keynote.app・Numbers.app の 3 つが入っていました。
iWork ’08 は別のフォルダがあるので、アプリケーション自体は上書きされません。

でも!設定ファイルは /Users/ (ユーザ名) /Library/Application Support/iWork や /Users/ (ユーザ名) /Library/Preferences/com.apple.iWork.Numbers.plist などバージョン毎になっていないので上書きされてしまいます。
なので、旧バージョンの iWork をお使いの方は ’09 をインストールする前に設定ファイルをバックアップしておいた方がいいかもしれません。

早速起動、の前に。
旧バージョンで作成したファイルを Numbers ’09 で開いて保存するとファイル形式が変更されるのか、’08 では開けなくなってしまいました。
大事な書類だったり、’09 を購入するかわからないけど試したい方は開く書類をまずコピーしてから開いてみることを強くおすすめします(`・ω・´)
私はうっかり保存して ’08 で開けなくなって涙目になりました><
たいむまっしーんに助けられた!

ぱっと見変わったところ

  • ツールバーアイコンが変わった。’08 よりつるんとまるっこくなった。
  • ABCD1234 の外枠表示の文字が小さく、淡い色になった。ちょっと見づらくなったような。
  • 数式バーの右端に高さ調整のボタンが追加されていて、数式バーを広げることができる。’08 では 1 行表示で固定だった。
  • 同じく数式バーの左端にあった fx ボタンと赤と緑の丸ボタンがなくなった。

最初に起動したときに、あれ? ’08 を起動したのかな?と思ったくらい見た目の変化はそれほどありません。
でも数式バーを複数行表示できるようになったのはうれしいかも。

フォーマットバーの変わったところ

  • フォント選択の一番上によく使うフォントコーナーみたいなものができた。
  • フォントサイズ指定で、フォントパネルを開かなくても直接数値を入力できるようになった。
  • 表示形式の選択肢に継続時間と記数法、カスタムが増えた。詳細は後述。書いた
  • 線種の選択肢が一つ減って見やすく表示されるようになった。実線・破線・点線。
  • 線の太さ指定もフォントサイズと同じく、直接数値を入力できるようになった。
  • ヘッダ・フッタを 5 行または 5 列まで複数指定できるようになり、ヘッダをフリーズという機能が追加された。後から詳しく書くうれしー。書いたーヽ(・ω・)ノ

フォーマットバーも見た目は同じに見えるけど進化しています。
フォントサイズと線の太さに数値を入力できるようになったのは結構便利じゃないでしょうか。

インスペクタの変わったところ

書類
  • 開くときにパスワードを要求できるようになった。

書類毎にパスワードを設定できます。

シート

変更点はないようです。

ヘッダをフリーズ機能が追加されたのですべてのページにヘッダを表示のチェックがなくなったものと思われます。

セル
  • フォーマットバーと同じく、表示形式の選択肢に継続時間と記数法、カスタムが増えた。

増えた選択肢はなかなか便利そうです。後で書きます。書いたヽ(・ω・)ノ

グラフ

見た目はいろいろ変わっていますがグラフ機能を使ったことがないのでよくわかりません。

テキスト

変更点はないようです。

グラフィック

変更点はないようです。

位置と回転

変更点はないようです。

ハイパーリンク

変更点はないようです。

QuickTime

変更点はないようです。

パスワードを設定できるようになったのはうれしいです。

メニューの変わったところ

Numbers

そのうちページが用意されてバージョンアップのときに追加されるのかもしれません。

ファイル
  • 書き出す… が共有メニューに移動した。
  • iWeb に送信 も共有メニューに移動した。
  • ファイルサイズを減らすというメニューが増えた。

イメージやメディアのファイルサイズを減らしてくれる機能が追加されたようです。

編集

変更点はないようです。

挿入
  • 接続の線というメニューが増えた。
  • ファイル名を挿入できるようになった。

接続の線というのは選択した 2 つのオブジェクトを接続する線のことだそうで、チャート図みたいなものが簡単に作れます。

  • ヘッダとフッタの取り扱いが変わった。
  • すべてのカテゴリを有効にするというメニューが増えた。
  • 再構成パネルを表示というメニューが増えた。

カテゴリ云々は Excel での集計機能と似ているような。使い方によってはとても便利な機能ですので詳細はアプリケーションのヘルプを検索してみてください。
再構成パネルは並び替えとフィルタの設定ができるもので、詳細は後ほど。

フォーマット
  • フォントのカーニングがトラッキングという名称に変わった。
  • イメージというメニューが増えた。
  • カスタムフォーマットに関するメニューが増えた。

イメージメニューからはファイルサイズを減らすことができます。

配置

変更点はないようです。

表示
  • 関数ブラウザを表示というメニューが増えた。
  • 数式のリストを表示というメニューが増えた。

いずれも新しく追加された機能で、関数ブラウザは使用できる関数の一覧と関数についての説明を表示するウインドウで、数式リストはどのセルにどんな数式を入力したの一覧を表示するものです。

ウインドウ

変更点はないようです。

共有

新機能 iWork.com に関する設定と、今までファイルメニューの中にあったいくつかのメニューが表示されます。

ヘルプ

数式と関数についてのヘルプが充実したようです。

長くなりすぎるので詳細は別記事にします。
かーなーりー機能強化されているし欲しかった機能が追加されてうれしすぎるので、これは間違いなく購入すると思いますヽ(・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です