Content-generator-sketch-plugin 0.2 の日本語対応

Content-generator-sketch-plugin 0.1.2 に日本語データ追加の新しいバージョンです。0.2 でカスタム設定のサンプルテキスト入力ができるようになったのと、ディレクトリ構成等が変更になったので対応しました。

riszw/Content-generator-sketch-plugin

新機能!カスタム設定のサンプルテキスト入力

プラグインメニューの Text → Custom string から使用します。英語 / 日本語の区別なく使えます。

プラグインを起動すると小窓が表示されるので、テキスト入力欄に設定を入力します。入力後 OK をクリックすると、固定テキストと、[ ] で囲んだ中身をランダムで表示します。以下は設定例です。

2 つの文字列や数値をランダムで表示

文字列を , (コンマ) で区切ります。, (コンマ) の後に半角スペースを入れたくなるところですが、入れてしまうと「(半角スペース)文字列」と認識されてしまうので、半角スペースが入力上必要なとき以外は半角スペースを入れてはいけません。

3 つ以上の文字列を指定したいところですが、2 つしか設定できません。これから増えるのかな?増えるといいな。

  • [old,new] old と new をランダムに表示
  • [税込,税抜] 日本語も使えます。税込 と 税抜 をランダムに表示
  • [Hello,こんにちは] 英語と日本語が混ざっていてもおっけー。Hello と こんにちは をランダムに表示
  • [4649,5963] 数値も使えます。4649 と 5963 をランダムによろしくごくろうさん!
範囲を指定した数値をランダムで表示

数値を – (ハイフン) でつないで範囲を指定します。

4,980,000 のようなコンマ区切りにはできないようです。

数値なので先頭の 0 は消えてしまいます。先頭以外の 0 も消えてしまっているような…? [10000-99999] と設定した場合最小値が 10000 ですべての数値が 5 桁になるはずですが、なぜか 4 桁の数値が表示されたりします。サンプルテキストなんで細かいことはいいってことよ!なんでしょうかね。

  • [0-20] 0 〜 20 の範囲の数値をランダムで表示
固定テキストを表示

[ ] で囲まない部分はランダムではなく固定テキストとして表示されます。

サンプルテキスト入力

プラグインメニューの Text → DummytextJapan → テキストの名称 から使用します。

Generate

テキスト領域の大きさに関係なく、選択したサンプルテキスト内のランダムなひとかたまりがテキスト領域に入力されます。テキスト領域を拡大すると隠れていたテキストが見えるようになり、縮小すると現在のテキスト領域に合わせたテキストのみが表示されます。

Replace

選択したサンプルテキスト内のランダムなひとかたまりの中から、現在テキスト領域に入力されている文字数分、現在のテキストと置き換えて入力されます。英語版では文末に . (ドット) がつくようになっていますが、日本語の場合 。(句点) がつきます。テキスト領域を拡縮してもプラグイン使用時に入力された文字数から増えたり減ったりしません。

サンプルテキストのデータは data → text → japan にあります。テキストデータは青空文庫から以下の 3 つを使わせていただきました。悲しいお話ばっかりになってしまった(´;ω;`)

住所

プラグインメニューの Geo → Japan から使用します。住所データはこちらの都道府県庁所在地 json データを使わせていただき、人力置換システム かあさんを駆使して必要なデータに切り分けました。

Full address

県庁所在地の住所がランダムで入力されます。
データは data → geo → japan → fulladdress.json にあります。

Pref

都道府県がランダムで入力されます。
データは data → geo → japan → pref.json にあります。

City

県庁所在地の市がランダムで入力されます。
データは data → geo → japan → cities.json にあります。

電話番号

プラグインメニューの Persona → Details から使用します。日本っぽい表記(012-345-6789)の 10 桁の電話番号が 500 件と、080 から始まる携帯番号っぽい 11 桁が 250 件、090 が 250 件くらい入っています。てけとーなので電話番号としてありえないものも含まれていると思います。ちなみに元プラグインの電話番号の数字の並びをほぼそのまま流用しました。

データは data → persona → phones_ja.js にあります。

Phone_ja

日本っぽい表記の電話番号がランダムで入力されます。

氏名

プラグインメニューの Persona → Details から使用します。日本の主な名字から 1 〜 20 位の名字と、独断と偏見でてけとーに選んだ男性の名前・女性の名前それぞれ 20 くらい明治安田生命 名前ランキング 2013 より男の子の名前ベスト 100女の子の名前ベスト 100 それぞれ上位 20 件の名前が入っています。

データは data → names → names.js にあります。

Male_ja

日本の男性の氏名がランダムで入力されます。

Female_ja

日本の女性の氏名がランダムで入力されます。

以上、変なところあったらご指摘よろしくお願いします!

GitHub の使い方についてお礼

0.1.2 のときに元プラグインのミスを発見してしまい、なんとかして相手に伝えたい!こんなときはプルリクエスト!しかし日本語関連のコミットがあるのでどうすれば…と困っていたら、UK たんとハムさんに助けていただきました。ありがとうございました!

特に UK たんは私の初プルリクエストも受け付けていただいて、その節はとてもお世話になりました。You’re rock star! fcrockstar.com

Sketch 使うならこちらもどうぞ

Sketch 3Sketch 3 3.0.1 (¥7,800)

  • カテゴリ: グラフィック&デザイン, 仕事効率化
  • 販売元: Bohemian Coding(サイズ: 17.4 MB)
  • 全てのバージョンの評価: 4+(15件の評価)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です